2008-07-20

宙に吊されたバックパック


カナディアンロッキーでのバックパッキング・キャンプといえば、やはり、クマ避けのこの景色。


行ってきたよ、5日間のバックパッキング。

カナナスキス、というこの地名は、カナディアンロッキーの中ではマイナーだろう。日本のガイドブックにはあまり紹介されていない。私も、恥ずかしながら、ここに来るまで知らなかった。だが、カルガリーからアクセスのしやすさもあり、地元の人には人気のある公園だ。国立公園ではなく州立公園のため、入園料がかからない、というのも人気のヒミツらしい。

そしてそして、このトレッキングといえば、

お決まりの氷河湖あり、
3000m近い岩山あり、
大陸分水嶺越えあり、
思わず「ドレミの歌」をハミングしてしまいそうな高山植物咲き乱れるメドウ・トレイルあり、
樹齢400年のイングルマン・スプルースと苔が鬱蒼と茂る深い森歩きあり、
角度45度あるんじゃないというガレ場あり、
5時間に渡る(・・・昨年のアラスカ以来の)Bushwhacking(藪漕ぎ)あり、
ほやほやのグリズリーの糞あり、木のひっかき傷もあり、
夜中テントの周囲をキュルルルルルゥゥゥゥと鳴きながら歩き回るコヨーテあり、
13時間の行動で疲れすぎて到着したキャンプ場でみたオレンジ色の満月あり、
天空を飛び回る白頭鷲あり、
誰もが一斉に黙って、ふとやってきた静寂で贅沢な時間もあり、

カナダ・ライフ2ヶ月にして、正直初めて、ああ、これがカナディアンロッキーなんだな、と思わせる、素敵な時間だった。 何もなく、でも全てが揃った時間だった。


Kananaskis Highlands Backpacking trip

公式リポート(所属会社の山行記録ブログ)

●Kananaskisはここ

大きな地図で見る



●そして私、つかの間の休息中。


 

1 comment:

らぐじ~ said...

りょうこ、かなり痩せたんじゃない?
なんか、上半身がちっちゃくなったみたい…上半身だけね。